オルフェーブルが有終の美 競馬に思うこと

今年の有馬記念は、終わってみれば断トツ1番人気のオルフェーブルが
当然のように快勝しましたね。

古馬のなかでは断トツで強いことは競馬ファンなら誰でもわかっていたことでしたが、あそこまで楽勝されるとは思いませんでしたねー・・(うっとり

だって「引退レース」というあやがついていましたし、休養明けで体重増もあったのです。
それで単勝が1.7倍では、ちょっとリスクが大きいなーと思ったわけです。。
レース結果を見れば1.7倍の強さがたしかにありましたが、馬券予想段階ではオッズの旨みがないので、強いのは認めた上で旨味のある馬券を探してしまうわけです。

競馬、、、むずかしいですねー。
強いと認知されるとオッズが下がるし、強いんだけど勝ち運のない馬を見極めるには相馬眼と研究が必要。
レジャー感覚じゃなく大きな金額を張るのであれば生半可な気持ちでやってはいかん!と思った次第です。